イコロの森


工藤敏博の植物日記ジャンピングローズ
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
以前の記事
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
2014年 03月 12日 ( 1 )
最大級のマルメゾン
f0160407_5362375.jpg

いわみざわ公園のつるのマルメゾン、‘Souvenir de la Malmaison, Cl.(スーヴニール ドゥ ラ マルメゾン クライミング)’。
冬に剪定をやり、この株だけ全ての葉を取り去りました。
正月明けでしたから、ほぼ2ヶ月でこんな状態に。
他も全て葉を取れば良かった。
1年以上も葉を付けておくって、やっぱりどうにもと思います。
f0160407_53757.jpg

伸びた新芽の先の蕾もかなり膨らんで、いい感じ。
かなりの細枝からも、こんなに短い状態で蕾を付けています。
焼き鳥の串程度ならイケますね。

一般には6mくらいまでの紹介が多いので、最大級と思います。
とくに北海道の屋外では到底無理です。
温室ならではですね。

以前は鉢植えのバラがやたらあり、リニューアルに伴いほとんど撤去しました。
床面近くは日照量が不足して、徒長、病害虫でとても見るに耐えない状態でした。
でも、以前のイメージから、今でもバラが少ないとの声があるそう。
何回も言ってますが、光が確保できるつるなら場所を選べばイケる。
そしてブッシュのバラも、常設でなく開花時だけの展示なら、屋外では耐性のないものを見せるにはいい場面と思う。
そんな構成なら(プラスしっかり管理ができるのなら)どんどんやるべき、屋外のバラ園と別世界の場面ができますから。
それはすごく楽しみ、北海道では他では見られないでしょう。

集めますよ、そんなバラ。
今まで自分は耐寒性に優れるものに特化してきましたが、全くそれとは逆のもの。
新しい世界にうずうずします。

マルメゾン、今月下旬頃には満開でしょうか。
一見の価値あり、是非見てほしいものです。
by geesgreen | 2014-03-12 05:38