イコロの森


工藤敏博の植物日記ジャンピングローズ
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
以前の記事
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
2012年 06月 06日 ( 1 )
Aurea!
f0160407_4443130.jpg

いつも通り霧っぽいイコロの朝。
ガーデンへの園路沿いには、まだ八重咲きのスイセンがしっかり咲いています。
もう6月だというのにーですね、抜群の花保ちのよさはイコロの特徴です。
寒さを差し引いても良しとしておきましょう。

そんな今のイコロで目立つのは、自分的には黄色の葉です。
それらをいくつか。

お馴染みのシモツケの黄葉種、シモツケ ‘ゴールド マウンド’(Spiraea japonica 'Gold Mound')。
f0160407_431207.jpg

従来の黄葉種よりも矮性で株のまとまりがいい、メギ ‘ボナンザ ゴールド’(Berberis thunbergii ‘Bonanza Gold’)。
f0160407_433885.jpg

植栽者はゲラニウム ‘ジョンソンズブルー’(Geranium ‘Jonson's Blue’)と言い張りますが、いくらなんでもこんなに黄葉にはならないよなー
で、何じゃろ?
f0160407_4342897.jpg

新芽の黄色が目を引く、オモリカトウヒ ‘オーレア’(Picea omorika ‘Aurea’)。
f0160407_4345254.jpg

お馴染みのアメリカテマリシモツケ ルテウス(Physocarpus opulifolius f.luteus)。
f0160407_4361229.jpg


等々、この他シラタマミズキやメタセコイヤ、ニオイヒバなどの黄葉種など、まだまだあります。

これらのカロチノイドもののカラーリーフは、明るく目立つのであちこち使いたくなりますが、あまりに多用するといかにもの場面になりがちとなり、くどくなることもあるので注意が必要。
でも、イコロでは何故かハマっている。
きっと、かーっと晴れた天気がなく、ある意味暗い環境なので黄葉がハマるのかもしれません。
これも今しか見られない場面でしょうね。
真夏になるとこれほど冴えた色味は見られませんから。
オーレアツアー、どうでしょう?
by geesgreen | 2012-06-06 04:38