イコロの森


工藤敏博の植物日記ジャンピングローズ
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
以前の記事
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
2012年 01月 07日 ( 1 )
愛娘エメちゃん
まだ暗いイコロです。
今日は予報では晴れみたいですが、どうなんでしょう?
昨日はイコロも大雪でした。
f0160407_5213690.jpg

昨日の明け方イコロへ来る途中の雪景色、定番ですね。
家内には、写真いつも同じみたい、違う写真だったの?と冷たく言われますが…
いやいや昨日のは絶品でしたよ、絶対花見の景色を凌ぎます。
来る途中、ずーっとため息ものでしたから。

積雪、40cmほどいってました、ここでは珍しいことです。
SUVだから無理矢理中まで入って来れましたが、車高の低い車では無理だったでしょうね。
半日、ローダーでの除雪でした。
もっとも雪質は昨日の札幌とは全然違ってパウダースノーでしたけど。
f0160407_5224787.jpg

温室もこんな感じ。
これまでの締まった雪が、連棟の谷間にこれまた40cm強ほど溜まっています。
f0160407_5241085.jpg

中から見るとフッ素フィルムがパンパンです。
支えの柱がゴツいので潰れはしないでしょうが、フィルムがかなり伸びます。
伸びるってことは、夏の雨や今後に影響します。
ただ、冬だけ使う越冬用の低温室だから、極端な話倉庫だっていい訳だよなー
少し光が入る倉庫、そんな仕様で割り切った方がいいかも。
そうなら、フィルムの下に補強材入れればいいかも、ですね。
ごめんなさい、内輪の話でした。

今日のブログ、昨日葉むしりで格闘していた‘Aimée Vibert エメ ヴィベール’の写真を、と思ってさっきからファイルを探していますが、見つからない。
イコロに植えているのであるはずなんですが。
f0160407_5253976.jpg

で、似ているということで、その片親になったノワゼットの基本種‘Champney's pink cluster シャンプニーズ ピンク クラスター’。
いい写真ですね、さすがYukaさん。
あの‘Blush Noisette ブラッシュ ノワゼット’の親でもあります。
この辺のノワゼットに共通する開花性、樹形、気品、控えめさ…は、自分にとっては至宝です。
(おばさま好きの‘Madame Alfred Carrière マダム アルフレッド キャリエール’は、ちょっと引きますが)

なんで格闘していたのかというと、葉がしっかり付いていて取りにくい、細枝多くやたら未完成のシュートが多い。
でも昨日で終了したので、山は越えました。
残りはそんなに手強いのはない、ハマナシやコルデシーなんて吹けば飛ぶような感じですから。
そのことからも、耐寒性の強弱がよくわかります。

品種名‘Aimée Vibert’は、作出者Jean-Pierre Vibertの娘さんの名前です。
よほどの自信作と思います。
作出者の奥さんの名前を記した品種は多くありますが、それは「まあ自分にとってはまあまあの出来だな」って感じ、娘の名前を付けるのは「生涯で最高傑作かも」って感じでしょうか。
余計な話でした。
(また家内に嫌な顔されるかな)
by geesgreen | 2012-01-07 05:27