イコロの森


工藤敏博の植物日記ジャンピングローズ
以前の記事
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
2011年 07月 22日 ( 1 )
真っ赤
昨日は一日札幌、久し振りのような感じでした。
昼から自宅のストックものの手入れ。
遅れに遅れたアカエゾの盆栽の芽摘みやら、売りもののストックのゼラニウムの花摘み。
そのゼラが目一杯満開だったので花摘み前に一枚。
f0160407_4223349.jpg

天気がいいので眩いばかりの赤でした。
ゼラは赤だけです。
Viva Caliente!アゲインですね。

この赤、とくにバラ好きにはあまり人気ない。
「赤はどうもねー」、「オジサンは好きよねー」なんてよく聞きます。
確かに何故か男性は赤バラを求めますが、オジサン差別だよなー
その言葉の裏に「赤=ダサイ」を感じます。

そうですかね?
自分は逆に、今のいかにものお洒落色の方が引きます。
伏線はいろいろあるものの、決定的なのはやはりピエールからでしょうね。
あれを使うのは難しいと思いますよ。
おフランスと違いますから。
「お洒落」と「かっこつけること」とは違う。
「かっこつけること」はかっこ悪い。
これ、工藤のいくつもある非常に偏った持論の中のひとつです。
「いかにも」、それを感じたらそれで終わっちゃいます、自分は。

意外にイギリスやアイルランドなんかの庭では、赤バラが多く使われているような気がします。
国民性もあるかもしれませんが、やはり緑が基調になっているからでしょうね。
その中では赤が生きますから。
そういう意味では、いかにものお洒落色を多用するのは、緑を重要視していないとも言えなくはない。
こじつけでしょうかね?

当たり前だけど、色って重要ですよね。
昔、百合が原ではオレンジでした。
それは、エゾスカシユリのオレンジ。
オレンジばかりを使うということではなく、基調になるエゾスカシ色をどこかで意識していました。
基調になる色を選ぶのが重要ですね。
好き嫌いではなく、その場からの必然性のある色を選びたい。

来年、Gee'sは赤バラだけにしようかな?
ついつい、今の流れに逆らいたくなってしまう。
冗談ですが。
by geesgreen | 2011-07-22 04:14