イコロの森


工藤敏博の植物日記ジャンピングローズ
以前の記事
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
2011年 07月 14日 ( 1 )
オリザの大学
昨日は大学(拓殖大学北海道短期大学)の年一回、恒例の農場公開デー。
自分も「農村地域の花修景」なんて固い演題で講演してきました。
要は、都会と違い緑被率60%もあるような中では、やっぱりマンセル・カラー・システムでの補色の赤でしょ、そこに黄色を入れるな、赤と黄色の同時使いがキツい、なんて話をしました。
ちょっと過激でしたかね?

農場公開デーでは、日頃実験や実習で使っているハウスや圃場を公開します。
その中で毎年興味を引くのは、やはり米。
米どころですからね。
昔から現在までの、北海道で栽培されてきた品種を全て見ることができます。
f0160407_5544674.jpg

その中のいちばん古い品種‘赤毛’。
1873年に北海道で初めての米づくりで使われた品種で、対冷に強く、明治には全道の80%を占めていたそうです。
極早生品種で、他の品種より一回りボリュームがあります。
実習棟では、その‘赤毛’を始め新旧品種の食味比較ということで実際に試食できます。
ちょっとパサついていますが、もちろん食べられないことはない。
贅沢米に慣れた口、生活様式への自戒を感じました。

北海道の農村景観、とくに米どころ深川辺りでは水田がベースです。
それは、当然イギリス的でも、亜熱帯のアジアン的でもない、ましてや赤のサルビアと黄色のマリーゴルドではないですね(しつこいか?)。
by geesgreen | 2011-07-14 05:54