イコロの森


工藤敏博の植物日記ジャンピングローズ
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
以前の記事
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
六花亭のクリ
f0160407_5143610.jpg

f0160407_5131241.jpg


昨日行った六花亭円山店の駐車場のクリの木です。
ロープ柵の看板にあるように、上から落ちるイガ栗のため現在駐車スペース2、3台分を立ち入り禁止にしています。
伸びた枝をブチッと切ってしまうのが常ですが、いつも満車になる駐車場の貴重なスペースを少なくしてもクリのためなら、との姿勢が嬉しい。

この場所は六花亭になる前はある会社持ちの個人庭で、昔私はある造園屋の下請けでその庭の管理にからんでおり、その時から見ていたクリです。
野幌原始林の全国の100本の巨木に選ばれている樹齢800年のクリには到底かないませんが、堂々とした風格があります。
クリは、自生北限が石狩低地帯とされており、岩見沢くらいでしょうか。
札幌でも昔は大木があちこちで見られましたが、庭では大きくなりすぎるせいか少なくなりました。
積雪のためもあり道内では開芯形の大木は少ないので、ある意味で貴重と思います。
若木は見ても大して感動もしないけれど、老木には感情を移入できます。
鉛筆、ローソクのように枝が払われる街路樹をいくらたくさん植えても太刀打ちできません。
まちの財産でもあるこのような風格のある大木をきちんと押さえ、市民と価値を共有し、都市計画に組み込むことが必要と思います。
街路樹をたくさん植えたり、公園をたくさん造るだけが緑化行政ではない、・・・

こんな話しになると長くなり、くどくなるので止めます。

ちなみに六花亭にはあんみつを買いにいきました。
これが美味いんだなー。
スコッチに合うし。
六花亭さん、ありがと。
by geesgreen | 2008-09-27 05:10
<< ノコンギク 球根ベゴニア >>