イコロの森


工藤敏博の植物日記ジャンピングローズ
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
以前の記事
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
丸瀬布
一昨日、昨日とオホーツク方面の打合せに引っ掛けて丸瀬布のマウレ山荘に一泊してきました。
前からコテージの梅木さんからホテルの庭をやっていると聞いていたのですが、いつも素通りでオホーツクに行っていたので、今回はオホーツクは朝方さっと済ませマウレ山荘宿泊を最優先しました。
ホテルの庭は傾斜地に立つホテルの下にあり、階段を降りた所がガーデン。しっかりと構成され、この時期なのに細やかに管理されて、大げさでないスケールの楽しい庭でした。まだ若い庭なので今後どうなっていくのか期待です。
すごい偶然なのですが、梅木さんも東京のお友達と同じ夜に宿泊。夕食は共にしましたが、こちら夕食前から飲んでいたので夕食後の二次会は付き合えなく、梅木さんごめんなさい。
スコットランド風リゾートホテルとの肩書きをもつマウレ山荘は、その名の通り隠れ家的な佇まい、食事は満点、スコッチも2種類ありセーフでした。
ただ、ホテルのエントランスとロビー内の鉢花と観葉が苦し過ぎ。目立つものなので非常に残念。それと、丸瀬布の町花はエゾムラサキツツジとのこと。外来種もよいが低木としてエゾムラサキツツジ使うとより深みが出てスコットランド風になるのになー。

翌朝、いつも通り夜明け前から車で近場をあちこち探検。朝食後に改めて寝坊の家内と近くの山彦の滝と鹿鳴の滝を散策。
滝を見た山道から抜けた陽所にエゾトリカブトがまだ見られました。短い時間に3箇所の小規模のコロニーがあり、どれも明らかに花色が違います。下の写真は基本種のエゾトリカブト(Aconitum sachalinense ssp. yezoense)ですが、他は変種、亜種でしょう。中でも明るい空色の個体はまるで園芸品種のようでした。昔スコットランドの生産者に道産のアコニツムを10種ほど送りましたが、どうなっているのかなー。f0160407_6191268.jpg
by geesgreen | 2008-09-24 06:18
<< 球根ベゴニア モーブ色 >>