イコロの森


工藤敏博の植物日記ジャンピングローズ
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
以前の記事
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
つるバラ剪定開始
お久しぶりです。
別にどこかに行っていたわけでもなく、時々イコロ、時々岩見沢に行く程度で、あとは札幌におりました。
相変わらずの海馬萎縮+心臓病の母親にかかる諸々、そんな介護からみの話は山ほどですが…
そんな中、介護認定を受け、おかげさまで良さげなケアマネージャーも見つかり、看護師によるケアも始まり、少しずつ体制は整いつつあります。
と言うより、こちらがそんなペースに慣れてきたと言った方がいいかもしれません。
限られた時間で、できることをやるしかない、と。
世の中、そんな人は山ほどいるんでしょうね。
皆さま、ご苦労様です。

f0160407_4442980.jpg

昨日から、いわみざわ公園の色彩館でつるバラの剪定を始めました。
やはり緑の中で作業するのは楽しい、生き返ります。
f0160407_445068.jpg

今年は足場を用意してもらったので、少しは楽に作業できます。
2連梯子を移動してた昨年よりは、安全で効率的です。

去年のブログ「首が痛い」を見ると、1月8日からだったんですね。
しかも複数での作業、葉毟りもしなかったので進みは早かったのですが、今年は分業で主体はAnnaさんと自分の二人で進めます。
昨日は、奥のスーヴニール ドゥ ラ マルメゾン(Souvenir de la Malmaison, Cl.)はAnnaさん、自分は隣りの白のモッコウのロサ バンクシアエ ノルマリス(Rosa bannksiae var. normalis)。
トゲがキツいマルメゾンとトゲ無しモッコウでは不公平ですが、まあ年長者に優遇は世の習わし、ご勘弁を。
週2日で1月中終了が目標です。
少し日数増やさなければ終わらない、かな?

昨年に比べて、随分いい枝が伸びています。
あまり結束しないで、ウィーピングもどき、自然風にすることにしました。
室内で風もないのでイケますね。

札幌から来た大通公園のボランティアの方に声をかけられましたが、数日前、色彩館がカラーで載った道新を見て来たとのこと。
満開のジンチョウゲに感動したとのことでしたが、つるバラ満開時にはまた来るように伝えました。
きっと去年よりは花数多く咲きます。
楽しみ!
by geesgreen | 2015-01-14 04:47
<< 薄暗いハウスの中で 神社のはしご >>