イコロの森


工藤敏博の植物日記ジャンピングローズ
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
以前の記事
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
全貌現る
このところ晴天が続いていますが、肌寒いですよね。
少し薄着になったせいもあるものの、風が冷たい。
まだまだ真冬の恰好で正解ですね、とくに外作業は。

f0160407_474735.jpg

一昨日のイコロのローズガーデン、ほぼ全貌が現れました。
今年は例年に比べて、岩見沢、札幌での枝の凍害はかなり少ないと感じていますが、イコロも少しはそんな感じではあります。
昨年植えたHMsk各種なんかは、結構上部まで枝が残ってくれました。
でも、もういい加減残ってくれよと放任したつるバラは、やはりかなり枯れ込みが大きい。
切り戻しのブッシュが少ないので、枝が上部まで残ってくれなければ存在感ないですよね、やっぱり。
それよりも…
f0160407_482250.jpg

この冬は前年に比べて巻きものを減らしたせいもあり、やはりやられました。
ウサギです。
レンガ壁前の安定感のあるマリア リサ(Maria Lisa)、地際から4、50cm残して上部は全てやられています。
樹高が揃っていますが、工藤はそんなことしない、それもウサギの仕業。
先ずは柔らかい枝先を食べ、積雪が減ってきて、さらに堅雪部分の地際を残して枝の周りの皮をしっかり食べている。
見事なもんです。
トゲが少ないので食べやすいんでしょうね。

鹿に対しては、カナダなんかではdeer-resistant plantsってリストアップされていますが、ウサギに対してもRHSではrabbit-resistant plantsとウサギに狙われない植物が紹介されています。
その中で、バラはトゲが密生するのがいいよと。
まあルゴサは全然やられていないので、当たり前って言えば当たり前かも。

やっぱりルゴサですかね、イコロは。
凍害の心配もないし。
でもな〜
by geesgreen | 2014-04-14 04:08
<< てっぺんまで到達! 今期初見参 >>