イコロの森


工藤敏博の植物日記ジャンピングローズ
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
以前の記事
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
新兵器
f0160407_5195823.jpg

新兵器です。
昨日のローズトレーニングでご紹介しました。

左は住宅外壁下地用シートのタイベック、中央はそのジェネリック版のスーパーコートMAX、右は米袋として使われるPP袋。
2週間ほど前から雨さらしにして、時々ホースでじゃんじゃん水をかけてみました。
本来は上からの水分も入れないためにも上部も閉じた方がよいのでしょうが、中の様子を見るために開けています。

左二つの断熱シートは完璧な防水性があり、中の結露も全くなし。
右のPP袋は少し湿ります。
どれも防風効果は完璧。

本家デュポン社製のタイベックはあちこちの建築現場でよく見られますが、少しごわごわしていて作業性に難あり。
そのもどきのスーパーコートはビニールシート並みのしなやかさがあります。
で、今年はスーパーコートをバラの防寒用に使ってみます。
さらにもう一種のもどき、ラミテクトHiというシートも使ってみます。
どちらもかなり耐久性もあるようなので、バラのトゲにも破れることなく、保管に注意すれば複数年イケると踏んでいます。

太平洋岸特有の気候のイコロは、冬場の日中は毎日晴天になり、夜間は急速に気温が下がります。
そのため結露を起こした水分が夜間に凍結し枝の凍害につながります。
ムシロ以上の透湿、防水、防風効果を求めた結果です。
本来はNASA開発のシルバーシートもあるのですが、高価でとてもバラには使えません(当たり前か)。
実際には費用の面もあるので、株の下部はウサギ対策でPP袋を、上部をこれらのシートでカバーしようと考えています。

一昨日は岩見沢で、根曲りに代わる連結鉄筋製の支柱がお披露目されましたが、何事も既成観念にとらわれないことが重要と思います。
何せこれだけの積雪プラス低温下でバラを育てているのは我々しかいない訳ですから。

さてさて効果はどうでしょうか。
まだまだお薦めはできません。
結果は春ですからね。
でも期待大。
by geesgreen | 2012-10-22 05:20
<< 初霜降 ローズトレーニング最終回 >>