イコロの森


工藤敏博の植物日記ジャンピングローズ
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
以前の記事
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
豪雨の後のいわみざわ公園
f0160407_533585.jpg

昨日、いわみざわ公園をのぞいてきました。
すでにかなり片付けられた後でしたが、まだあちこちに豪雨被害の跡が残っていました。
この2日間は後始末に明け暮れたことでしょうから、本当に皆さんご苦労様です。

「何で岩見沢ばっかり…」と作業の方は嘆いていましたが、ですよねー
でも、思ったほど皆さん落ち込んでもいなく黙々と作業をされていました。
叩かれても叩かれてもめげずに頑張る、何か逞しさを感じました。
岩見沢人は逞しい、そうでなければやってらんないですよね。
きっとその分、花が開きますよ、絶対に。
そうでなければ不公平だもん。
大雪の時もそんなこと書いた気がしますが、今回のこともあったのでもっと大きな花が開くな。

前にいた百合が原公園でも、あの平成16年の9.8、台風18号の被害から、そして指定管理者の責任として公園内のハザードマップを作成しました。
札幌市内の大規模公園は全て作成されたはずです。
強風の時、大雨の時、火災の時等々、災害の種類によって複数の対応マップを作成しました。
それが効力があったかどうかはわかりませんが、危険な箇所の情報を皆で共有しておくということは必要と思います。
そして、優先順位を付けてひとつずつそれを改善していく、そんな作業は今も続いていると思います。

公共の公園を任され、その安全性が何よりも優先すると繰り返し教えられてきました。
何事もなければそんなの馬耳東風、花だ木だとなりますが、一度何かあればそんなこと言ってられない。
やはり安全性(施設の保全を含めて)を確保するというのは基本ですね。
その上で景観とか植物とかになる。

うーん、イコロはどうだろう?
雪少ない、風弱い、どうにもその手の危機感が希薄になります。
高木いっぱい…考えてみれば冷汗出るなー
by geesgreen | 2012-09-14 05:34
<< 残暑の百合が原公園 雨のいわみざわ公園 >>