イコロの森


工藤敏博の植物日記ジャンピングローズ
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
以前の記事
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
「バラ園」考
昨日は挿し穂取りに、はぼろバラ園へ。
ピークは過ぎたとのことでしたが、いやいや凄まじい花数でした。
f0160407_5163952.jpg

f0160407_517787.jpg

何より株と葉の勢いがいい。
担当者によると、これまででいちばんいい状態とのこと。
f0160407_5172739.jpg

水路横の‘ラウプリッター(Raubritter)’も満開。
すっかりこの場所の風景になりました。

羽幌に行く前に秩父別のバラ園ものぞいてきました。
そして数日前にはノーザンとえこりん村のバラ園も見てきました。
同じ時期に見ると、ある意味公平に見ることができます。

羽幌もまだまだ不満がありますが、ここまで盛り返すのに5年かかりました。
だからってこのままという訳ではない。
今後も後手にならないように、いろいろ手を打っていかなければならない。
終わりはない。
バラ園って、本当に手がかかる、お金もかかる。

それまでやってバラ園自体が費用対効果があるのかどうか、その辺から考え直さなければいけないのではないかと思います。
さらに、管理に見合った規模、どういうコンセプトで進めるか、その辺も抜きにはできない。
当たり前だけど、ただバラを植えているから、咲いているから=感動する場面ではない。
バラを風景に取り入れるのはある程度できる、だけどバラ園は違う。
方形の、整形の花壇でバラを見せる、全体の調和を図りながら見せるって結構難しいことです。

その辺をしっかり考える人がいるかどうかが先決だな。
面白いんですけどね。
全力で、命をかけて面白いと思えるか、ですね。
by geesgreen | 2012-07-19 05:17
<< キラキラ感 盗み聞き >>