イコロの森


工藤敏博の植物日記ジャンピングローズ
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
以前の記事
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
盗み聞き
昨日は一日ガーデンの中。
林縁部の草抜きやら、バラの花摘みやら、つるバラの誘引やら。
自分の感覚では、団体抜きでは今シーズンいちばんの人出だったような気がします。
もっともこのところ土日は外勤の日が多かったので当てにならないですね。
(団体無し、個人だけ、いいですやっぱり…以下括弧書きはここだけの話)

ローズガーデンにいると、ガーデンに入って来た人の声が聞こえます。
開花の遅いイコロは今頃がバラの開花のピークなので、結構驚きの声が。
当たり前だけどリアクションは人によって全く違う。

いちばん多いのは「可愛い〜」、これは自分的にはいちばん引きます。
世の中、老若女子は何でも「可愛い〜」ですから。
(う〜ん、勘弁していほしい)
次に多いのは「おー!咲いてる、咲いてる」。
(当たり前ですよ、バラは咲くには咲きますよ)
(意地悪いですかね)
「ちょっと早かったかな」も多い。
(少し早いぐらいがいいですよ、もっとも百花絢爛なんて場面はイコロにはありませんけどね)
変わったところでは「このバラ、欲しいって言ったら掘ってくれるのかな?」なんてのも。
ご本人は大真面目で、「帯広の何処其処では掘ってくれるんだよね」と続きました。
(そっかー、何処其処かー、うーん、いいのかなールール違反だよなー)

すみません、このパターン、いつまでも続きそうなので止めます。

バラの季節なので、バラの写真。
ですが、イコロのローズガーデンはまだまだ景色になっていない。
昨年まであまり手を入れられなかったですから致し方ない。
これからです。
そんな中でも、レンガの壁面前はそれなりになってきました。
f0160407_4492569.jpg

f0160407_4503595.jpg

中央の園路をはさんでの両側。
どちらも‘マリア リサ(Maria Lisa)’が主体ですが、上は‘シュネーコッペ(Schneekoppe)’、下は‘ラベンダー カバー(Lavernder Cover)’との絡み。
本来は株全体が花に覆われる‘マリア リサ’ですが、開花枝は株の下枝だけ。
上に伸びる枝は全部今年のシュート。
ウサギの仕業で、今年の開花枝になるはずだった上部の枝が全部食べられたせいです。
この冬は何とかシュートを守ります!

今咲いているお気に入り2品種。
f0160407_4511526.jpg

ランブラーの‘ローゼンドルフ シュタインフルト'04(Rosendorf Steinfurth'04)’。
「バラの村シュタインフルト」、やっと大株になってきました。
明るいピンクのグラデーション、花保ちもいい品種です。
f0160407_4523954.jpg

同じくランブラーの‘ゲシュウィンズ オルデン(Geschwinds Orden)’。
ハマナシとノイバラのシンプルな交配種とされていますが、絶対にそれはないだろうと思います。
ハンガリーのGeschwindさんに確認してみたいところですが、19世紀の人ですからそれは無理。
Z2とあるのも、本当かよ、って思います。
濃いピンクに白の入り方が特徴的な、渋もの。

オープン時からイコロに関わってきて、ローズガーデンのバラの紹介はあまりしてこなかった気がします。
少しは株ができてきたということかな。

イコロ、今がバラの季節です。
by geesgreen | 2012-07-16 04:53
<< 「バラ園」考 浮いてるユリ >>