イコロの森


工藤敏博の植物日記ジャンピングローズ
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
以前の記事
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
癒しのさっちゃん
昨日まで連日、語り部が続いていました。
今年は喋り場を極力少なくしたのですが、どうしてもこのバラのシーズンだけは多くなります。
そこそこで客層(じゃなくて受講者や学生ですね)が違うので、そこの場に合わせての内容になります。
いつもその場のノリ、失礼だとは思いますが、自分はそれしか出来ないのでご勘弁ください。

でもこの間、ほぼ雨で助かりました。
これが晴れていようものなら、ストレスがかなり溜まったと思います。
何でこんな時に喋りばかりしているのか、と。
雨も考えようですね。
昨日のイコロの講習でも、「ダラダラ咲いているより雨で思いっきり切った方が、一番花が遅れた今年は秋花が確実に見れていい」何て言いましたがー
物も言いようですね。
ちょっと苦しいですよね。
やっぱり傷まない方がいい、花保ちがいい方がいいに決まってますよね。
すんません。

でも、先日挿したバラにはいい。
気温が上がらず、湿度が上がってますから。
Gee'sでも今のところ、例年に比べれば状態はいい。
f0160407_4301849.jpg

イコロのは、もっと完璧でした。
霧の樹林中の置き場は最適、天然ミスト状態でした。
もっともこれからですけどね、勝負は。

そのバラの挿しバットを見る女性?
イコロのさっちゃんです。
いつも会う度に彼女の笑顔に癒されます。
霧雨の中でハマってました。
何故か?9月から彼女はエジンバラ大学へ行くそうです。
2年間のランドスケープのドクターコース。
彼女ならきっとしっかりやりますね、しかもスコットランドに合ってると思う。
しっかりものの癒し系ですからね。
この時期のイコロの天気もスコットランド的ですから、彼女も違和感ないかもしれませんね。

羽ばたけ、若もの!
応援してますよー
でも、イコロは痛手だなー
でも、羽ばたけ!
by geesgreen | 2011-07-18 04:28
<< 郷に入っては郷に従う 花切りご苦労様です >>