イコロの森


工藤敏博の植物日記ジャンピングローズ
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
以前の記事
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
空の庭
昨日は真狩村へ行ってきました。
前にも書いたと思いますが、本州で医者をやっていた高校時代の同級生が真狩村に移り住み、村の診療所を指定管理者制度で受託、それと並行して村の遊休地に園芸療法を絡めた福祉施設を開設しました。
奥さんも医者なので、二人で村の二つの施設を切り盛りしています。
ガーデンのある福祉施設が当初からの目的で、構想段階から相談を受けていました。
園芸療法には懐疑的なものの、何せ羊蹄山のすぐ麓の絶好のロケーション、バラ園も作りたいとのことでしたので、「いいんじゃない」と二つ返事で請け合いました。
もっとも、何事にも真摯に取り組む二人の性格がいちばんの理由だったかもしれません。
庭は「空(くう)の庭」と名付けられました。

f0160407_6172541.jpg
f0160407_6175088.jpg
f0160407_6246100.jpg
昨日は、施設のスタッフや庭を管理する村内のサーポーターの皆さんへ、庭全体の設計、施工を依頼したイコロの森の北村さんと一緒に庭への思いを語りました。

景観的には、やはりすぐそばにどーんとそびえている羊蹄山の量感を無視できない。
借景にはあまりにも存在感が大きい、庭へ取り込もうなんて相手が大き過ぎます。
でも写真にあるように、雪に埋もれる庭の向こうの家並みや倉庫などが(住んでいる方には申し訳ありませんが)どうにも目障り。
遮蔽効果を兼ねて、羊蹄山から庭へ連なるような植栽が必要と思う。
高度を下げるに従い針葉樹の緑が濃くなる山すその流れ、そんな最終ラインが庭の境界辺りに作られればよい。
そして、目障りな電線は地中埋設にしてもらうことを村(道かな)に要望する。
国道から村の中心部に曲がる角地なので、私設のものとは云え公共的な役割も大きいですから。
そんな話をしました。

まだまだスタート、これからです。
春から毎月行くことになります。
楽しみです。
羊蹄山、恥ずかしがらないで今度は姿を全部見せてほしいものです。
by geesgreen | 2011-03-06 06:18
<< 24時間体制 誘引 >>