イコロの森


工藤敏博の植物日記ジャンピングローズ
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
以前の記事
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
講座最終回
昨日は風が強かったですね。
Gee'sのように屋外売店でポットものが主の場合は、風はとくにイヤです。
枝が伸び切っている状態なのでどうしても倒れやすい。
春から場所を変えながらも防風対策はしてるんですけどね。

倒れたものは起こさない、そのままにしておく、昨日のような強風時には鉄則です。
倒れる度にダメージ受けますから。
二度倒れられたらかなわない。
風が収まってから起こす。
昔、風の強い百合が原公園で、外で飾っていた倒れた鉢を何回も起こすご婦人がいました。
止めてくれと言っても、聞き入れない。
向こうは好意でやってるんだろうけど、危うく押し問答で喧嘩になりそうになったことありました。

昨日はNHKのバラ講座、最終回でした。
全11回、皆さん、よく付き合っていただきました。
感謝です。
ありがとうございました。
担当者は、来年も是非と当然のように言いますが、わかりませんよね。
来年のことはわからない。

この時期、他の講習もシリーズものは最終回が多い。
どれもいつも、今回限り、今年限り、とのつもりでやってます。
本業ではないと思っていますから。
植えてみて、切ってみて、花を見て、冬を越させて、そんな中にまた発見があれば伝えたい。
その思い、そのテンションが上がればまたやります。
それ次第ですね。
ごめんなさい、わがままで。
でも、通します。

f0160407_4183342.jpg
昨日ヤードで切って、今目の前にあるコップに入っているバラのひとつ。
太陽光線下ではないので色があまり出てませんが、‘センチメンタル(Scentimental)’。
アメリカ、Carruthさん、1997年作出のFlですが、株の感じや花付きはGrぽい。
AARS受賞の最初のストライプ花です。
ストライプ系はどうしても脳天気な明るさを感じる品種が多い。
それはそれでいいんだけど、使いにくい。
この‘センチメンタル’は渋い、赤の色合いが血の色で渋い、濃いめの葉色と相まって締まった場面を作ります。
黒っぽい壁色の家、緑濃い庭に、バラはこれだけを数株まとめて植えるという使い方なんかいいな。
10年くらい前に百合が原のポートランド庭園に100株ほど植えましたが、今はどうかな。
5年ほどはイケイケで咲いていたんですが。
‘センチメンタル’の品種名は、「感傷的な」sentimentalと「香りの」scentを合体させた造語です。
洒落てますね。
そんなネーミングや、こんな花を見てたら、やっぱりその魅力を伝えたくなるかな。
秋花はとくにいいですよ。
by geesgreen | 2010-09-30 04:18
<< セレクトショップのセレクト 「用」と「景」 >>