イコロの森


工藤敏博の植物日記ジャンピングローズ
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
以前の記事
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
「ちざきバラ園」閉鎖
噂では流れていたものの、昨日ついに「ちざきバラ園」閉鎖の報道がされました。
40年弱の歴史に幕が下ろされたわけです。
90年代のピーク時の1/3の入場者になり、管理維持費が負担になっており、もうこれ以上維持できないと判断したようです。
3年前にエフアンドジーが経営を引き継いだ訳ですが、この状況は十分予想されました。

どこもそうですが、本来このような施設は入園料だけで賄うにはかなり難しい。
本来的な質が維持できないと、他からの補填の意味合いもなくなります。
維持のための物販やイベントなどでの収益事業は本来的な目的を達成した上でこそのもので、本末転倒な状況に陥ると施設の存在意義自体がなくなってしまいます。
エフアンドジーが引き継いだ時点から、その本来的な目的、つまり「しっかりバラを見せること」を抜きにした花壇改修や施設運営の方向に重きを置いていたので、この結果はある意味当然と言えるかもしれません。

ちざきはすぐ近くなので昔からよく行ってました。
その歴史とコンセプトとはまさに「王様の庭」、「パトロンの庭」であり、バラ園のある意味王道でした。
それがあるから、自分はその対比としてのもっと多様なバラ園、バラの利用を探ってきたのです。
その辺の意味合いを管理者はどれほど理解していたのか。

既にバラは安平町の本社に移されたとのことですが、残念ですがその価値たるものはほとんどないでしょう。
残念ですが、バラ自体も末期的な状況でしたから。
バラは木です。
いつも年数を経て育ったものこそ価値があると言っています。
その価値さえない状況だったことこそ問題だったと思います。
それが残念なことです。

他の同様の施設も同じような危うさを孕んでいます。
長年育った植物が一瞬にしてパーなんて前例は山ほどあります。
大げさですがその文化的価値の認識という意味では、管理する側も、見る側もまだまだ未成熟と言うか、全く無視されているのかもしれません。
そんなもんなら作らない方がよい。
結末が余りにも無惨ですから。

f0160407_5565662.jpg
バラ園だったすぐ上の敷地には、結婚式場に付属する礼拝堂の建設が進んでいます。
by geesgreen | 2009-11-26 05:57
<< シロクマ 一山越えて >>