イコロの森


工藤敏博の植物日記ジャンピングローズ
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
以前の記事
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
稲わらマルチ
ここ数日かなり気温が上がり、らしくないですね。
でもやはり時期が時期なので、今日も一日冬囲い。

先日深川の拓殖大学北海道短期大学での授業の中でも、この秋、植込みが終わったボーダーガーデンの宿根草の刈り込みと冬囲いをしてきました。

f0160407_4521983.jpg
冬囲いと言っても植えたばかりの苗を守るためのマルチングが主です。
深川は米作のメッカ、大学の農場でも広い水田圃場があり、そこから出る稲わらをマルチング資材として使いました。
今はコンバインで稲刈りをするので稲わらというものも存在しなくなりつつありますが、大学では昔ながらの天日乾燥「はざかけ」をするので大量に稲わらが出ます。
f0160407_4531994.jpg
束になっている稲わらをそのまま苗の上に被せます。
暖ったかそう、これなら凍上の心配もありません。

f0160407_4535933.jpg
校舎の中庭に今年植えたヤマアジサイには、ムシロ代わりに稲わらで囲いました。
束になっているので非常に楽にできます。

ある意味、稲作民族ならではのすごく贅沢なことかもしれませんね。
いずれは堆肥化して土に戻るでしょうから、いろんなメリットはあると思います。
昔バラ用に稲わら堆肥が売られていたことがありましたが、稲わらに含まれるケイ酸分や、納豆菌の元の枯草菌など、とくにバラには最高の腐植に成り得るでしょう。
春になったら束をほぐして再度きれいにマルチングしようと思っていますが、一冬でどれだけこなれるのかなー
昔やったことありますが、今度は稲わらから縄づくりもしたくなっちゃいました。
PPのムシロや縄なんかは絶対使いたくないな。
by geesgreen | 2009-11-09 04:55
<< アーメン! 90点 >>