イコロの森


工藤敏博の植物日記ジャンピングローズ
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
以前の記事
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
個性派
Gee'sのバラ、結構咲いてきました。
早咲きの原種やオールドローズは最盛期は過ぎ、モダンローズが咲いてきました。
来週くらいにワッと来るでしょう。
今咲いてる個性派2品種。
f0160407_6255837.jpg
‘ハニー ディジョン(Honey Dijon)’。
アメリカ、Sproul、2003年作出のグランディフローラ。
5年振りの再会です。
このマスタード色は他にはない。
あの‘バタースコッチ(Butterscotch)’をさらに渋くしたような感じです。
作出したSproulさんは、カリフォルニアのお医者さんでアマチュア育種家です。
アメリカは、大手の種苗やによるアマチュア育種家のバックアップ体制があり、結構ユニークな品種が作られています。
ある意味巧いやり方です。
ディジョンといえば我が家でも使っているフランスのマスタード、それにハニーが付けばケトルブランドのポテトチップス、わかりませんよねー
でもそんな花色です。
f0160407_6262618.jpg
もうひとつ、‘ジョージ バーンズ(George Burns)’。
アメリカ、Carruth、1996年作出のフロリバンダ。
こちらも久し振りの再会。
蕾が同じの‘センチメンタル(Scentimental)’とともにCarruthさんの代表作です。
‘ハニー ディジョン’もそうですが、この辺の花色を使いこなすのは結構難しいと思います。
コンテナで単独で置くか、緑濃い葉もの、できれば黒葉や銅葉の中で咲かせるとゾクッと来るかも。

明日からまた雨が続くようですね。
皆さんもアブラムシうじゃうじゃ、うどんこあちこち状態ではないでしょうか。
me too です。
今朝も夜明けから自宅のストックものと格闘してました。
この辺の話はまた次回にでも。
by geesgreen | 2009-06-10 06:28
<< ミラクルニーム ボタンわんさか >>