イコロの森


工藤敏博の植物日記ジャンピングローズ
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
以前の記事
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
総領事とマーモット
昨日駆け足でしたが、昨日までグランドホテルで催されていた「いけばなインターナショナル札幌支部」の花展をのぞいてきました。
創立45周年記念とのことで、盛況でした。
各流派合同で、会員他、知事、市長夫人、各国の札幌領事の名札の付いた作品も展示されていました。
ただ今回はアメリカ総領事の作品はなく、本人の希望で出展しなかったとのこと。
今の駐札幌米国総領事は女性で、娘さんと円山公園のそばを歩いているのを何回か見かけたことがあります。
気さくな感じの人です。
以前、この総領事が新聞に寄稿していたコラムの内容が面白かった。

彼女は米国南部のノースカロライナ州で生まれ、ニューヨーク州の田園地帯で育ちましたが、
家庭菜園をやっており、ある日、手がけたレタスを白昼堂々と口にするマーモットに出合った。
わなを仕掛け、毎週一匹ずつ掛かり、車のトランクで運び、川向こうに放った。九匹も繰り返した。
今振り返ると、同じ一匹が毎度毎度、川を泳いで畑に帰って来ていたかもしれない、とのオチ。
思わずニンマリしてしまいました。

花展に出さなかった理由はいろいろあったんだろうけど、きっと他(知事や市長夫人など)のように自分の手で生けていないものに自分の名札を付けられる、そんなことがイヤだったんではないか、と勝手に想像してしまいました。
恒例とかで毎回付き合うよりはよっぽどいい。
アメリカはいろいろ「?」のことも多いけど、こんな組織の慣例より個人の考えを尊重するのはいいなー
勝手な想像ですけどね。

f0160407_4323647.jpg
f0160407_4331090.jpg
会場で気に入った2点。
どちらもそうですが、上のオンシとバラ以外は花屋からのものではなく庭の植物で構成されているとのこと。
生け花だけでなく、イギリスから生まれたフラワーアレンジメントも庭の花からですよね。
最近の生け花は、野草も含めて増々この傾向です。
本来の姿ですね。
by geesgreen | 2009-06-02 04:35
<< ボタンわんさか 店の経営 >>